カードローンの選び方、間違っていませんか?

好きな時に繰返し、自由に借入れができるカードローンですが、取り扱いしている金融機関はたくさんあります。有名だからアコム、CMでよく見るからプロミス、金利が低いから東京三菱UFJ銀行、人それぞれ選ぶ基準があります。

 

しかし、有名だから、金利が低いから、それだけの理由で選んでいませんか?カードローン選びを間違えると、期日までに返済できない、審査に落ちて借りられないなどで失敗する可能性があります。カードローン選びの見落としがちなポイントについてまとめました。

 

 

実際の適用金利について

カードローン選びにおいて金利は重要です。例えばアコムなら4.7%~18.0%、三井住友銀行カードローンなら4.0%~14.5%と、金利に幅があります。初めての申込みであれば、最高金利に注目して選ぶとよいでしょう。多くのカードローンでは、申込み金額が大きい程金利は下がっていきます。

 

三井住友銀行であれば、限度額100万円以下であれば12.0%~14.5%、100万円超200万円以下であれば10.0%~12.0%といった具合に金利が下がっていきます。最低金利の4.0%が適用されるのは限度額700万円超からです。

 

実際にカードローンでそんなに高い限度額を設定する人はほとんどいません。逆に100万円以下の限度額で利用している人が多いです。そのため、金利は最高金利が適用される可能性がたかくなります。

 

最低金利で見るなら、アコムと三井住友銀行の金利差はたったの0.7%ですが、最高金利で見ればその差は3.5%です。両者の金利差が意外と大きいのがわかります。

 

借入れや返済時の手数料について

カードローン選びで金利は重要ですが、手数料も馬鹿にはできません。銀行や消費者金融のカードローンの場合、年会費や契約手数料の類いはかかってきません。借入しなければ維持費は0円で所持できます。

 

ただし、意外と無視できないのがATM利用手数料です。1万円超の取引なら、216円もの手数料がかかる場合があります。もちろんATM利用手数料は、利息とは別に請求されます。そしてそれは借入時だけでなく、返済時にもかかってきます。数万円程度の借入れをしていて、例えば月の返済額が2,000円だった場合、手数料だけで1割以上も余計に支払うようなものです。

 

これについては、例えば金利が高いと言われている消費者金融でも、ATM利用手数料で得をする場合もあります。アコムのむじんくんを利用しての借入れや返済については、利用手数料がかかりません。その上、24時間自由に借入れや返済が行えます。

 

特に注意したいのが、最近増えているコンビニATMを利用しての借入れや返済です。選ぶカードローン会社や選ぶコンビニによって、手数料がかかるか無料かが決まります。自分がどこを利用するケースが多いかも踏まえて、借入先を選びましょう。

 

手数料負担なく借りたいならオリックス銀行のATM無料のカードローンを選ぶなど、どこで借りるかも変わってくるのです。

 

毎月の返済額について

例えばカードローンで10万円借入れしたとして、毎月の返済額はどこも同じではありません。アコムと三井住友銀行で比較をすると、アコムなら5,000円、三井住友銀行なら10,000円の返済を求められます。ただし、追加での返済は可能なので、アコムで借りたケースでも10,000円返済する分には問題はありません。

 

ちなみに借入れが5万円だった場合、アコムなら返済額は3,000円で済みますが、三井住友銀行であればやはり10,000円返済が必要となります。

 

銀行系のカードローンは金利が低い点で人気がありますが、最低の返済額が10,000円からで設定されている所が多いです。一方、消費者金融の場合には、毎月の返済額は少なめに設定されている所が多いです。

 

消費者金融のプロミスは毎月の返済金額が少なく抑えられていることでも有名なので、少しずつの返済で借りたい方にとってはプロミスが適しています。ただ、金利は銀行よりも高くなるため、返済負担には気をつけなければなりません。

 

しっかりと考えた上で借りるのであれば、早い手続きで借りられる安心のプロミスは頼れるキャッシングサービスとなります。

 

融資に力を入れているかについて

審査に通りやすい所で借りたいと考えている人は多いですが、みんなどうやって審査に通りやすい所を探しているのか、疑問に感じた経験がある人もいるでしょう。これが絶対ではありませんが、やはりカードローンに積極的に取り組んでいる所の方が、審査には通りやすいといえます。貸したいのだから当然です。

 

一番簡単な見分け方としては、頻繁に広告を打っているかどうかで判断できます。広告もタダではなく、経費がかかっています。それでも広告を頻繁に出すのは、融資を積極的に行いたいからです。逆に広告を全く見ないのであれば、カードローン事業に積極的ではない可能性があります。